継続企業の前提はDX経営へ

by 大企業5社と小さな3組織でのUXを活かすDX推進プロデューサー .
明日は10:00に開店
サイトのヘッダー画像です

最新情報

SMOUT 移住研究所のプログラムに参加している、広報DXのプロトタイプ「晴れの国で “ Society 5.0 シティ岡山 ” 創りに注目くださるDX人財を募集!」特設ページに、興味・関心を寄せてくださる方が50名に近接。心から感謝を、ありがとうございます。

詳細

内閣府 地方創生推進事務室「地域未来構想20」の専門家ページに掲載いただきました。

詳細

大企業と中小企業、首都圏と地方の実情を体験的に掌握している実務家によるDX推進

~ コンテンツマーケティングは企業や組織、都市も変革。オピニオンをリードします! ~

時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発およびDX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。

《《《 DX経営ビジョン 》》》

【 地方創生デジタルトランスフォーメーション(DX) 】

デジタル技術による社会変革を踏まえた経営ビジョンを策定・公表とともに2020年、スタートアップした経営DXラボは、地方公共団体あるいは企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に関する自主的取組を促す本ページを作成 。単なるIT化ではない、データ連携基盤整備を視野に、DXの普及促進をもって様々な手続きを簡単・便利にすることにより市民と自治体、顧客と企業、双方の生産性を抜本的に向上。データの活用、ニーズの最適化による仕事のやり方、働き方の変革にも努めて参ります。 ・ 経済産業省のデジタル・トランスフォーメーション(DX)とは

【 経営ビジョンとビジネスモデル for SDGs 事業戦略 】

新しい生活様式に求められる行動変容と、継続企業の前提――。  

DX技術の有効活用により組織運営コストを限りなくゼロに近づける経営DXラボの経営ビジョンは、「ゴーイングDXコンサーン」。即ち継続企業の前提は、VUCA時代を生きる靭やかさにあり、Society 5.0に臨むDX組織のビジネスモデルは、DX技術を駆使することでSDGsに向き合い、社会的課題を解決に導くことのできる「新しい公共」のプラットフォームを担うビジネスモデル。DXの普及啓発により、地域社会の継続性を担保いたします。

【 ホラクラシー組織が担う国家戦略特区地方創生事業 】

突出した専門性を有する実務家が集うホラクラシー組織の現在の事業は、「スーパーシティ」構想の地域での理解を深め、自治体による事業応募を促す活動。DXオウンドメディア力を活かし議会と協業を試みるなど、暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るためのデータ連携基盤整備事業の導入に向けて邁進いたします。2021年2・3月頃の公募締め切りまでの応募を本事業のKPIに設定し、地方議会ならびに地方公共団体との協業に注力しています。

【 DX経営ビジョン「ゴーイングDXコンサーン」について 】

継続企業の前提は、DXドリブンな経営ビジョンを描けるか――。  

不確実性の高い経営環境の下、多様なDX人材で構成される当組織は、Society 5.0への移行に臨み予想される多彩な社会事業に直面の都度、速やかにアメーバ組織を編成し、速やかな使命の完遂に備えるべく、ダイナミック・ケイパビリティの洗練に努めています。激変するマーケットに適応するために必要不可欠となる経営イノベーションの一つは、例えば製造業のエンジニアリングチェーン・サプライチェーンの間に散見されるレガシーシステムの刷新を伴う、DXを普及させるとともにデータ連携基盤を整備する事業変革。顧客視点での価値の創出に際し、オープンイノベーションによる地域まるごと未来都市づくりを標榜する当組織の中核事業はDX経営の普及促進活動であり、DX経営ビジョン「ゴーイングDXコンサーン」の実現をもって価値の創出をお示しできると考えています。

【 DX推進の取組例:主なサービス内容 】

1.「DX経営ビジョン」策定サポートサービス
大企業と中小企業、首都圏と地方都市など、組織の規模や市場性のベンチマークに基づいた、高い費用対効果が見込める、自治体や地銀を含む中小企業向けDX推進サービスです。具体的に、継続企業の前提としての、DXドリブンな経営ビジョン「ゴーイングDXコンサーン」の策定サポートを行います。 

2.「Google Workspace」ほか導入サポートサービス
大企業と中小企業、首都圏と地方都市など、組織の規模や市場性のベンチマークに基づいた、高い費用対効果が見込める、自治体や地銀を含む中小企業向けDX推進サービスです。具体的に、組織の生産性を安定的に向上させる、Google Workspaceサイボウズ等の導入サポートを行います。 

3.「広報DX」オウンドメディア構築サポートサービス
大企業と中小企業、首都圏と地方都市など、組織の規模や市場性のベンチマークに基づいた、高い費用対効果が見込める、自治体や地銀を含む中小企業向けDX推進サービスです。具体的に、広告を兼ねる販売促進はもとより人材の確保に大きな役割を果たす、オウンドメディアの構築サポートを行います。

※ 他に、地域のGIGAスクール構想の実現をサポートします。

経営DXラボ 情報セキュリティ基本方針 】
SECURITY ACTION 二つ星を宣言しました ~

経営DXラボ(以下、当方)は、お客様からお預かりした情報資産を事故・災害・犯罪などの脅威から守り、お客様ならびに社会の信頼に応えるべく、以下の方針に基づき組織全体で情報セキュリティに取り組みます。

1. 経営者の責任 - 当方は、経営者主導で組織的かつ継続的に情報セキュリティの改善・向上に努めます。

2. 組織体制の整備 - 当方は、情報セキュリティの維持及び改善のために組織を設置し、情報セキュリティ対策を社内の正式な規則として定めます。

3. 職員の取組み - 当方の職員は、情報セキュリティのために必要とされる知識、技術を習得し、情報セキュリティへの取り組みを確かなものにします。

4. 法令及び契約上の要求事項の遵守 - 当方は、情報セキュリティに関わる法令、規制、規範、契約上の義務を遵守するとともに、お客様の期待に応えます。

5. 違反及び事故への対応 - 当方は、情報セキュリティに関わる法令違反、契約違反及び事故が発生した場合には適切に対処し、再発防止に努めます。 制定日: 2020年12月27日 経営DXラボ 代表 菅野 敦也


〒 700-0815 岡山市北区野田屋町 Copyright (C) 2018-2021 経営DXラボ All Rights Reserved.  

お問い合わせ

住所

ルートを検索
日本
〒7000815 岡山県
岡山市北区野田屋町1丁目11-20-1703

営業時間

月:定休日
火:11時00分~18時00分
水:11時00分~18時00分
木:11時00分~18時00分
金:定休日
土:10時00分~17時00分
日:10時00分~17時00分
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。